°˖✧完成しました!!✧˖°
大和郡山市西田中町 新築一戸建て

2018.10.18 晴れ

F様邸の基礎工事が進んでいます!

お家の要となる大事な基礎工事となります!



これから、お家が建つまでのの様子を写真でご紹介して
いきたいと思います!

どんな素敵なお家が建つかとても楽しみです(*‘∀‘*)

 2018.10.25 晴れ


 基礎工事が完成しました!

 次は棟上げです!(*‘∀‘)

2018.11.11 晴れ

『2×4工法』(ツーバイフォー工法)で建築が進んでいます(*‘∀‘)

よく見るのは、柱と屋根を先に建てる(上棟)お家だと思いますが、
写真を見て分かって頂けるように、2×4工法は全然違いますよね!


↓↓下記に『2×4工法』について少し説明させて頂いています。↓↓

『2×4工法』とは・・・

木造建築の工法で「木造枠組壁工法」のひとつです。なぜ「2」と「4」という数字が出てくるかというと、家を建てるときにつかわれる角材のサイズが「2インチ×4インチ」であるためです。
この均一サイズの角材と合板を接合して、柱や梁の代わりに壁、床、天井、屋根部分を構成し、それらを組み合わせて箱状の空間をつくっていきます。

ダンボール箱をイメージして下さい。厚紙1枚ではすぐに折れ曲がるけれど、箱のにすると、物を入れたり、上に積み重ねたりすることが出来、上や横から押しても簡単にはへこみません。この6面体の“箱”を横に並べたり、上に積んだり、箱の中を仕切ったり、箱の一部をくり抜き窓などの開口部をつくるという考え方です。

メリットとしては、耐震性、耐風性が高いこと。“面”で構成されているので、地震や風といった外部要因に対して、耐性があります。そして、高機密、高断熱であることです。冷暖房効率だけでなく、耐火性にも影響します。ツーバイフォー工法で建てられた住宅のほとんどは「耐火性能を持つ建物である」と認識されています。

2018.11.27 晴れ

『大工工事』が進んでいます!(^_^)


≪吹き付け断熱の写真です

↓↓メリットをご紹介致します。
窓や筋交い周辺等の細かい部分にも隙間なく充填でき、
 高い気密性を実現できる。(気密性が高いと、断熱材本来の
 性能が発揮され、効率的な冷暖房効果がある。)


他の断熱材料にはない“接着力”のおかげで、柱や梁との間に
 隙間ができにくく湿気も遮断される。


壁内結露やカビの発生をおさえ、建物を永く大切に使うことが
 出来る。

◆左の写真は、『梁(天井)』です。2×4工法なので、箱型になっています。

◆右の写真は、『配管ホース』です。塩ビを使用することが多いですが、ホースにする事で音漏れや割れない配管となります。

2018.12.09 晴れ

『サイディング(外壁)加工』が進んでいます!

石調タイルになっています(*‘∀‘)
早く全体を見て頂きたいです・・・お楽しみにして下さい! 

  
  サイディングの特徴・・・
    ・耐水性に優れている

    ・耐天候性に優れている
    ・種類・デザインが豊富

2019.12.17

足場が取れました!
完成に向かって、内装工事が進められていきます(*‘∀‘)

深いグレーで全体的に落ち着いた感じがするお家です。

2019.1.24

✨F様のお家が完成致しました!!(*‘∀‘*)✨

後は、お家の説明と、補修するところがないかチェックして頂き、決済後にお引渡しとなります!

木目に特徴があるフローリングや扉など使われていて、
木のぬくもりが感じられるお家になっています。

ブラウンの床や白木目の素材に、紺色のクロスをワンポイント
合わせることですごく部屋の印象がひきしまります。

木目が大きいのでどこかビンテージ感もあり、とても素敵な
お家です!
F様ご家族に長く愛されるお家になって欲しいです✨